2017年06月05日

半日コース イサキ、アジ狙い

エサ(オキアミ)の付け方

esa1.JPG

エサ(沖アミ)のしっぽを取ります。


esa2.JPG

しっぽを取ったところから針を刺し針が半分ほど入ったら針先を出します。


esa3.JPG

エサがまっすぐになるように形を整えて完成です。

丸めて付けたり、曲げて付けると仕掛けを沈めた時に回転して仕掛けが絡みやすくなります。時間がかかってもまっすぐ丁寧に付けることが釣果を上げるコツです。



コマセカゴ

DSC_0722.jpg

フタが閉じた状態


DSC_0721.jpg

コマセカゴ上部の突起をつまんで回すと開きます。


DSC_0723.jpg

コマセカゴにコマセ(アミエビ)を半分ほど入れフタを閉じます。たくさん詰めると下の穴が詰まりコマセが出にくくなるので半分くらいがベストです。


リールの使い方

reel-0-1.jpg

クラッチレバーを上げると糸の出るのが止まり、ハンドルを回すと巻く事が出来ます。


reel-0-2.jpg

クラッチレバーを下げると糸がでます。


釣り方


・仕掛けの長さが3m

・水深20mまで降ろしてコマセを振りながら3m上げる場合


shikake.jpg

1 針にエサを付け、船の縁に並べて仕掛けの糸は海側へやります。

2 コマセカゴにコマセを入れます。

※1と2は順番が逆になっても構いません。


kago-tounyu.jpg

3 コマセカゴの上の方を持ちそっと海へ降ろします。この時に投げると仕掛けが絡むのでやめましよう。


reel-0-2.jpg

4 リールのクラッチレバーを下げます。船の縁に並べたエサも自然に海中へいきます。


reel-20-1.jpg

5 20mまで糸を出します。写真のように糸を軽く指で押さえると糸出しのスピードを調整でき水深を合わせやすくなります。


reel-20-2.jpg

6 20mでリールのクラッチレバーを上げ糸を止めます。


rod-up.jpg

7 竿を勢いよく振り上げます。


rod-down.jpg

8 ゆっくり竿を下げます。


rell-19.jpg

9 リールのハンドルを回して1m巻きます。

10 竿を勢いよく振り上げ、ゆっくり下げます。


reel-18.jpg

11 リールのハンドルを回して1m巻きます。

12 竿を勢いよく振り上げ、ゆっくり下げます。


reel-17.jpg


13 リールのハンドルを回して1m巻きます。

14 竿を勢いよく振り上げ、ゆっくり下げます。

15 竿先に集中してアタリを待ちます。竿先は波により常に揺れていますがアタリがあると「クンクン」と小刻みに動きます。


kago-suimen.jpg

16 アタリがあったらリールのハンドルを回して巻きます。コマセカゴが水面よりほんの少し下に来たら巻くのをやめます。


rod-up.jpg

17 竿を上げてコマセカゴをつかみます。


baketu-kago.jpg

18 バケツにコマセカゴを入れます。

19 仕掛けを手繰り、魚を取り込みます。


※アタリを待ち始めてから3分ほど経ってもアタリがない時は、エサが取られている場合があるので仕掛けをあげてエサをチェックし、エサが取られていたりボロボロになっていたり取れかかっているときは、エサを付け替えましょう。


よくある失敗

kago-makisugi-1.jpg

これ以上巻くと竿が折れてしまい釣りができなくなります。リールのクラッチレバーを下げて、コマセカゴを水面より少し下になるまで降ろしましょう。写真5のように糸を指で押さえるとやりやすいです。


href="http://nagomimaru.sakura.ne.jp/sblo_files/nagomimaru-menu/image/kago-makisugi-2.jpg" target="_blank">kago-makisugi-2.jpg

少し巻きすぎです。竿を立ててもバケツにコマセカゴ入らず、仕掛けを手繰りずらくなります。リールのクラッチレバーを下げてコマセカゴが水面より少し下になるまで降ろしましょう。




























posted by マサミ at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月20日

マダイ コマセ釣り

マダイ 1本針



マダイの仕掛け1本針.gif



マダイ 2本針マダイの仕掛け2本針.gif


posted by マサミ at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月23日

アカムツ

アカムツ
水深180〜270m
エサ サバの切り身、イワシ
アカムツ胴付き仕掛け

アカムツの仕掛け胴付.gif


釣り方

オモリが着底したら糸ふけを取りオモリを海底より50cm程度上げます。

誘いは30秒〜1分に一度2mほどゆっくり竿先をあげて10秒ほどキープしてゆっくり戻します。
仕掛けを上げることにより魚から目立ちやすくなる効果があります。

水深の変化や潮の影響でタナがずれるのでタナの取り直しも行います。

20ほど待ってもアタリが出ないようなら一度仕掛けを巻き上げ、エサが取られたり、かじられたり仕掛が絡まっていないかチェックします。ハリスが幹の上部に絡まっている場合は、着底までにエサが回転して落ちているのでエサの付け方やエサの形に問題があります。

アタリがあったら竿を立ててゆっくり5m巻き上げてから中速で巻き上げます。

アカムツはほとんど下から2番目の針に掛かかります。



アカムツ吹き流し仕掛け

アカムツの仕掛け吹流し.gif

釣り方

着底したら糸ふけを取り海底より3m上げます。

誘いは30秒から1分に一度竿をゆっくり一番高く上げまであげ10秒ほどキープしてからゆっくり元にもどします。

他は胴付き仕掛けの釣り方と同じです。
posted by マサミ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月05日

スロージギング 〜アブラボウズ〜

マニアな仲間監修

水深 550〜750m
ターゲットサイズ 30〜80kg

ロッド EVERGREEN POSEIDON ハイピッチジャーカー 410、501

リール alpha tackle MARFIX W6、S5
    SHIMANO OCEA JIGGER 5000P

ライン  ファイヤーライン3〜4号 1200m

リーダー 22〜30号3m

フック がまかつ  TUNA BLADE POINT 7/0

ジグ DEEP LINER SPY900g
   Seafloor Control rector900g
posted by マサミ at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

スロージギング 〜五目(水深100mまで)〜

アマノフィッシング監修

ロッド 1.8〜2.0m
リール SHIMANO OCEA JIGGER1000〜2000H
ライン PE 1.5〜3号 200m以上
リーダー 5〜8号 4m
シグ 60〜150g
posted by マサミ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月03日

スロージギング 〜アカムツ〜

アマノフィッシング監修


ライン PEまたはFireLine 1〜1.5号 400m以上
リーダー 5号2〜3m
フック がまかつ ジギングフック鎌鼬(かまいたち)1/0〜2/0
    前2本、後2本(前と後ろの針が交差しないようにアシスト長さを調節)


ロッド
EVERGREEN POSEIDON スロージャーカー603
IMG_20151220_140421.jpg


リール
SHIMANO OCEA CONQUESTIMG_20151220_140430.jpg


ジグ 200〜400g
Seafloor Control  crankyシルバー290gIMG_20151220_140539.jpg
posted by マサミ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月05日

ヤリイカ

ヤリイカ

ヤリイカの仕掛け.gif

PE4〜6号 300m以上
投入器レンタル300円

釣り方

IMG_20151206_083247.jpg

投入器に仕掛けを入れオモリを投げる。この時に竿を少し斜め目にずらすと正面方向に投げやすくなり他の人とオマツリが少なくなります。

オモリが着底したらすぐに1m巻き上げる。
※オモリが着底したままだと他の人と仕掛けの流れが変わりオマツリの原因になります。

浮きスッテがふわふわと動くように誘い、10m程誘ってもアタリが無い場合はサミングしながらゆっくり仕掛けを落としす。一連の動作をアタリがあるまで繰り返します。

アタリがあったら10mゆっくり巻いてから中速で巻き上げる。
posted by マサミ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月15日

アブラボウズ

アブラボウズ

アブラボウズの仕掛け.gif

道糸PE12号以上 1,000m以上
オモリ 鉄筋2kg
水中ランプ&タコベイト(バラムツ、サメが多い時は外す)
エサはイカ、サバ、サンマなどの1匹掛け

釣り方

前の人から順番に船長の合図で仕掛けを投入します。
※自分の順番が回ってきても合図があるまで絶対に投入しないでください。オマツリの原因になります。

オモリが着底したらすぐに糸ふけを取り10m巻き上げ、道糸が完全に張ってから再度着底させて5m巻き上げます。

水深が変化するので棚の取り直しをマメに行いオモリが根掛かりしないようにします。
※オモリが根掛りしたらリールを巻いて捨て糸を切り仕掛けを回収します。針まで根掛かりすると道糸から切れる場合がほとんどです。

アタリは魚体にもよりますが比較的小さいので、アタリを見逃さないように竿先に集中します。

アタリがあったら低速で巻き上げます。
※アタリか波か半信半疑の時は20mくらい低速で巻き上げて竿先の様子を確認すると良いです。
posted by マサミ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

オニカサゴ

オニカサゴオニカサゴの仕掛け 吹流し.gif

エサ イカ、サバ、サンマの切り身
posted by マサミ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アジの泳がせワラサ狙い

泳がせワラサ狙い 5kgまで
泳がせワラサ狙い(5kgまで)仕掛け.gif

泳がせワラサ狙い 6kg以上
泳がせワラサ狙い(6kg以上)仕掛け.gif


釣り方

根ズレでハリスがキズが付くのでドラグは強く設定する。

アジが滑らないように濡れたタオルでアジをつかみ背びれの少し前に掛ける(背掛け)

根や反応によって指示がされるのでその水深でアタリを待つ。

アジの近くに大きな魚が近づくとアジが怖がり暴れだします。竿が水面に突き刺さるくらいまで曲がったらリールのスプールを指で押えガッチリとアワセる。

根から離れるまではスプールを押えるなどして糸を出さないようにし、魚に主導権を与えずに高速で巻く。
※食いあげて糸の張りが無くなると針が外れてしまうので、低速の巻き上げより高速での巻き上げの方が針が外れません。
posted by マサミ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

イサキ

イサキ
イサキの仕掛け.gif

ハリス4号5m 3本針
コマセ アミエビ
付けエサ オキアミ

釣り方
支持された水深よりハリスの長さ分深い場所(5m)まで仕掛けを落とし、竿を振りながら支持された水深まで巻き上げアタリを待つ。

1分程待ってもアタリがない場合は、もう一度仕掛けを落とし竿を振りながら支持された水深まで巻き上げアタリを待つ。

さらに1分程待ってもアタリがない場合は仕掛けを上げる。
※カゴにコマセが残っているようならコマセの量を調整して支持された水深でコマセを撒ききるようにする。


3点掛けを狙う場合
アタリがあったら10秒程待ち、最初の5mは低速で巻き残りは中速で巻く。多点がけにこだわりすぎると外れたり仕掛けが絡んだりするので注意。
posted by マサミ at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記