2016年09月23日

アカムツ

アカムツ
水深180〜270m
エサ サバの切り身、イワシ
アカムツ胴付き仕掛け

アカムツの仕掛け胴付.gif


釣り方

オモリが着底したら糸ふけを取りオモリを海底より50cm程度上げます。

誘いは30秒〜1分に一度2mほどゆっくり竿先をあげて10秒ほどキープしてゆっくり戻します。
仕掛けを上げることにより魚から目立ちやすくなる効果があります。

水深の変化や潮の影響でタナがずれるのでタナの取り直しも行います。

20ほど待ってもアタリが出ないようなら一度仕掛けを巻き上げ、エサが取られたり、かじられたり仕掛が絡まっていないかチェックします。ハリスが幹の上部に絡まっている場合は、着底までにエサが回転して落ちているのでエサの付け方やエサの形に問題があります。

アタリがあったら竿を立ててゆっくり5m巻き上げてから中速で巻き上げます。

アカムツはほとんど下から2番目の針に掛かかります。



アカムツ吹き流し仕掛け

アカムツの仕掛け吹流し.gif

釣り方

着底したら糸ふけを取り海底より3m上げます。

誘いは30秒から1分に一度竿をゆっくり一番高く上げまであげ10秒ほどキープしてからゆっくり元にもどします。

他は胴付き仕掛けの釣り方と同じです。
posted by マサミ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176989883

この記事へのトラックバック